銀座のおすすめスペイン料理「スペイン グルメテリア イ ボデガ」Storyストーリー

スペイン グルメテリア イ ボデガのストーリーをご紹介致します。

ボデガはスペイン語でワイナリーという意味。その名にふさわしくショップ「ボデガ スペインクラブ銀座」では、スペイン王室御用達や小さな村の家族経営ボデガなど、スペイン各地の特色豊かなボデガから、直輸入のワイン約400種を販売しております。また、イベリコ生ハム、チーズ、カラスミ、魚介グルメ缶詰、スイーツなどスペインが世界に誇る極上の食材も取り揃えております。

ボデガはスペイン語でワイナリーという意味。その名にふさわしくショップ「ボデガ スペインクラブ銀座」では、スペイン王室御用達や小さな村の家族経営ボデガなど、スペイン各地の特色豊かなボデガから、直輸入のワイン約400種を販売しております。また、イベリコ生ハム、チーズ、カラスミ、魚介グルメ缶詰、スイーツなどスペインが世界に誇る極上の食材も取り揃えております。

スペインクラブグループは30年の永きに亘りスペインのワイン、食品、郷土料理を中心とした食文化を日本に紹介しています。 国内のホテルや百貨店でのスペイン物産イベントプロデュースや、スペインから生産者、料理人、報道関係を招へいした文化交流など様々な活動を行っています。 スペイン全土を自らの足で廻り、探し当てた名品逸品の数々を自ら輸入し、日本全国の流通網に乗せるだけでなく、直営やフランチャイズのレストランを通じて消費者に直接販売してきました。また、2000年よりスペインバルの店舗運営スタイルをいち早く取り入れてバル文化のさきがけを醸成しました。日本でのスペインファンの拡大には大きな功績を残しております。 グループ内関連企業の株式会社サスではスペインワインとスペイン食材を日本国内に輸入販売しております。

スペインクラブグループは30年の永きに亘りスペインのワイン、食品、郷土料理を中心とした食文化を日本に紹介しています。 国内のホテルや百貨店でのスペイン物産イベントプロデュースや、スペインから生産者、料理人、報道関係を招へいした文化交流など様々な活動を行っています。 スペイン全土を自らの足で廻り、探し当てた名品逸品の数々を自ら輸入し、日本全国の流通網に乗せるだけでなく、直営やフランチャイズのレストランを通じて消費者に直接販売してきました。また、2000年よりスペインバルの店舗運営スタイルをいち早く取り入れてバル文化のさきがけを醸成しました。日本でのスペインファンの拡大には大きな功績を残しております。 グループ内関連企業の株式会社サスではスペインワインとスペイン食材を日本国内に輸入販売しております。
ショップ責任者:清水和洋(49歳)

ショップ責任者:
清水和洋(49歳)

日本ソムリエ協会認定ワインアドバイザー、ソムリエ 「ワイン文化講座を定期的に開催していきます。スペイン食文化の新たな情報発信の拠点となり、生産者が来日の際には必ずイベントを開催します。 私が伝道師となり多くの方にスペインワインを味わっていただきます。 オープニングでは宅配料サービスのワインセット販売をおこないます。」

キッチン責任者:西田和貴(36歳)

キッチン責任者:
西田和貴(36歳)

イタリアン料理歴8年、リブロースなどステーキのグリル料理歴3年を経てスペイン料理の世界に魅せられて、スペインクラブ銀座に入りました。 好きなワインはルエダのヴェルデホ(スペイン北西部の白ワイン)。 「スペインバルの楽しさを多くのお客様に知って頂けるように、顔の見えるキッチンを心がけます。ショップで販売するワインに合わせた ペアリングメニューを開発したいと思います。」 生ハムやトルティージャ、アヒージョなど1,000円以内のバルメニューを充実させました。食事の単価は3,000円~、ワインは2,000円~で楽しめるように構成しています。

バル責任者:ルイス・ガルシア

バル責任者:
ルイス・ガルシア

5年間の月島スペインクラブ勤務を経てバルのマネージャーに大抜擢されました。ラテン男子を代表する人気者で、ワインを注ぐパフォーマンスには魅せられます。

Access店舗情報

店名 スペイン グルメテリア イ ボデガ
住所 〒104-0061 東京都中央区銀座7-12-14 大栄会館1F
電話番号 050-5272-9835
営業時間 バル : 11:30~23:00(平日)11:30~22:00(土日祝)
ショップ : 11:00~23:00(平日)11:30~22:00(土日祝)
ページトップへ戻る